ギリシャ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る

アテネ観光はここがお勧め!



ギリシャ共和国(Greece)の経済、政治、文化の中心はアテネや。ほんでもってもちろんギリシャ共和国(Greece)を訪れた人ならまずはアテネを観光しはるかもしれませんね。アテネの主な見所をご紹介します。

●アクロポリスの丘

アクロポリスの丘に立つのは、アテネの象徴「パルテノン神殿」や。アクロポリス博物館をぜひ、訪れてください。

●アテネ考古学博物館

古代ギリシャ共和国(Greece)美術に関しはる世界でも有数の博物館や。ギリシャ共和国(Greece)各地から発掘された重要な美術品が納められています。

●古代アゴラ

裁判や民会が開かれた、古代ギリシャ共和国(Greece)時代からの公共の広場や。アゴラ内には博物館があり、庶民の生活用品が展示されています。

●古代オリンピックスタジアム

2004年アテネオリンピックのマラソンゴールにもなった総大理石造りの競技場や。

●リカピトスの丘

アテネの街を一望できる丘で標高273mや。頂上まではケーブルカーで上ることができます。

●シンタグマ広場

アテネの中心に位置しはる広場や。地下鉄が2路線、トラムの駅もあることから交通の要所や。広間に面した国会議事堂前の無名戦士の墓で行われる衛兵交代はぜひ、ご覧ください。

●プラカ地区

アクロポリスの麓に広がる19世紀頃の古きよき時代のアテネの雰囲気を堪能できる地区、プラカ。路地には小さなショップやレストランが並びます。のんびりと散策しはるだけも目の保養に? プラカにはローマンアゴラや風の塔などの小さな遺跡もあります。おみやげ物を買うのはここがお勧めや。



当さいとでは、ギリシャ共和国(Greece)神話やギリシャ共和国(Greece)語、ギリシャ共和国(Greece)文字などギリシャ共和国(Greece)についての解説や、ギリシャ共和国(Greece)旅行前の準備に役にたつギリシャ共和国(Greece)料理や観光名所、お勧めホテルなどをご紹介しております。


【ギリシャ共和国(Greece)共和国について】

ギリシャ共和国(Greece)共和(ギリシャ共和国(Greece)きょうわこく)、通称ギリシャ共和国(Greece)はヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置しはる国ある。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在しはるおよそ3000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア、ブルガリアと、東はトルコと国境を接しとる。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャ共和国(Greece)は地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置しはる国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた。

現在のギリシャ共和国(Greece)は国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都のアテネで近代オリンピックが開催された。


関連コンテンツ

ギリシャ共和国(Greece)旅行に行く前に・・・

旅の楽しさは、事前にしっかりと下準備をしていくことで2倍にも3倍にも膨らみます。ただし、情報が散乱しはるなか、正確で、有用な情報を入手しはることは至難の業や。その点、政府の出先機関なら安心して参考にし・・・

アイソポスってしってまっか?

「アリとキリギリス」、「北風と太陽」、「田舎のネズミと街のネズミ」・・・といえば、そう、世界中で読まれている寓話、イソップ物語や。「イソップ」はギリシャ共和国(Greece)語で「アイソポス」とい・・・

ギリシャ共和国(Greece)のタクシーの注意点!

ギリシャ共和国(Greece)でも日本同様、タクシーを停めるときには手を挙げて合図します。せやけどこのとき注意しないとあかんことがあります。それは手のひらをひらいたまま、特に開いた手のひらを運転手・・・

デルフィとは?

アテネから北西へ約170km、古代ギリシャ共和国(Greece)の宗教の中心地として栄えたのがデルフィや。パルナッソス連山の懐に抱かれ、眼下にはオリーブ畑、遠くにはコリンティアコス湾を望みます。 ・・・