ギリシャ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る
「ギリシャ旅行に行く前にお読みください!」トップ >  ギリシャのおいしい料理 > ギリシャ共和国(Greece)料理 ゲミスタが激ウマ♪(作り方)

ギリシャ共和国(Greece)料理 ゲミスタが激ウマ♪(作り方)



ギリシャ共和国(Greece)の夏の料理に「ゲミスタ」ちゅうものがあります。トマトやピーマンの中身をくりぬき、野菜や米をつめて焼くオーブン料理や。スタッフドピーマン&トマト、と言ったらいでっしゃろか。ゲミスタとは、詰め物をした料理ちゅう意味や。トマト、ピーマンのほか、ポテトやズッキーニ、ナスなど、さまざまな野菜を使って作られます。

熱々を食べるのもおいしいやけど、夏料理ちゅうだけあって、冷蔵庫で冷やして前菜としていただくのがお勧めや。日本の食材でも十分に楽しめ、かんたんにできます。レシピをご紹介しますので、是非挑戦してみてください。いつものトマトやピーマンのちょっぴりちゃうおいしさを味わうことができます。日本とはちゃう、お米の使い方も新鮮な印象があることでっしゃろ。

野菜とひき肉の比率により、野菜中心の場合は副菜として、またぐらひき肉中心の場合はメインのお料理としてボリュームたっぷりや。お肉をまったく使わないベジタリアン風もいけると思うでよ。ギリシャ共和国(Greece)のトマトやピーマンは日本のものと比べかなり肉厚や。日本のものを使う場合は、焼き加減などこまめにチェックしながら加減してください。

ゲミスタ(スタッフドトマト&ピーマン)・・・野菜のひき肉&米詰め

◆材料(8人分・・・鉄板で一回に焼ける分)
・米・・・500g
・ひき肉・・・800g
・トマト・・・大8個
・ピーマン(できれば肉厚のものが良い。色は緑、赤、黄色など何でもOK.)・・・大16個
・なす・・・1本
・ズッキーニ・・・3本
・イタリアンパセリ・・・10本
・たまねぎ・・・中3個
・にんにく・・・6片
・塩コショウ・・・適量
・オリーブオイル・・・100〜200cc
・水・・・200cc

◆作り方
1.パセリの葉をみじん切りにしはる。
2.たまねぎ、ズッキーニ、ナスをみじん切りにしはる。またぐらはすりおろす。水気をしっかりと切っておく。ナスは色が変わりやすいので、一番最後に準備しはると良い。
3.にんにくをすりおろす。
4.トマトの上部をふたねんうに平らに切り、中身をナイフでくり抜く。中身はあとで利用しはるのでボールにとっておく。ふたも使用しはるのでとっておく。トマトの外皮が器になるため、穴をあけないように要注意。
5.ピーマンもトマト同様に上部をふたねんうに平らに切り、中の種を取る。ふたの部分はあとで使用しはるのでとっておく。
6.トマトのくり抜いた中身をミキサーにかける。細かくみじん切りにしてもOK。
7.米、ひき肉、パセリ、トマトの中身、たまねぎ、ズッキーニ、ナス、にんにくをひとつのボールに入れて塩コショウ、オリーブオイルを入れて混ぜる。
8.くり抜いたトマトとピーマン(4,5)に7の詰め物をそれぞれ4分の3ほどの高さまで入れる。詰めすぎると、破裂してしまうので要注意!
9.4,5のふたの部分をかぶせ、鉄板に直接立てて並べる。倒れないようにきっちり並べるのがコツ。このとき、なるべく深みのある鉄板があれば理想的。深い鉄板がない場合は、オーブン用の深めの耐熱皿を利用しはると良い。
10.上からオリーブオイルをまわしかけ、水もかけてオーブンの中段に入れて250度で焼く。水が沸騰したら温度を200度に下げる。
11.時々様子を見ながら、必要なら水を足して2時間ほどで焼き上げる。からりと水分を飛ばしたい場合は、最後にオーブンの扉を半開きにして温度を250度にあげて仕上げると良い。
12.冬場は熱々もおいしいが、熱いと崩れやすいのでオーブンから鉄板ごと出して粗熱をとり、冷ましてから食卓で出すと良い。夏場は思い切って冷蔵庫で冷やしていただくとおいしい。



当さいとでは、ギリシャ共和国(Greece)神話やギリシャ共和国(Greece)語、ギリシャ共和国(Greece)文字などギリシャ共和国(Greece)についての解説や、ギリシャ共和国(Greece)旅行前の準備に役にたつギリシャ共和国(Greece)料理や観光名所、お勧めホテルなどをご紹介しております。


【ギリシャ共和国(Greece)共和国について】

ギリシャ共和国(Greece)共和(ギリシャ共和国(Greece)きょうわこく)、通称ギリシャ共和国(Greece)はヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置しはる国ある。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在しはるおよそ3000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア、ブルガリアと、東はトルコと国境を接しとる。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャ共和国(Greece)は地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置しはる国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた。

現在のギリシャ共和国(Greece)は国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都のアテネで近代オリンピックが開催された。


関連コンテンツ

ギリシャ共和国(Greece)のパンは激うま♪(作り方)

地中海気候のギリシャ共和国(Greece)。夏はかなり・・・相当!暑い!!せやけど、冬は、日本顔まけの寒さとなる。白々と夜が明けてくる寒い朝、学校へ、仕事へギリシャ共和国(Greece)の人たちを・・・

パイはギリシャの最高の思い出♪

ギリシャ共和国(Greece)の町を歩いていて気づくこと! 特に朝の光景に欠かせないのが、早朝から店を開いたパン屋はんや道端にうず高くドーナツ型のパン「クルーリ」を積み上げた光景。キリストの身体をあら・・・

アマルシアってしってまっか?

ギリシャ共和国(Greece)が産んだ名品であり、お土産としても人気なのが「オリーブ石けん」や。ところが一般的なオリーブ石けんをはるかにしのぐ・・・お値段の石けんがあります。「アマルシア」や。少々、不・・・

シーフード!ギリシャ特有の・・・

燦燦と太陽が降り注ぐ夏のギリシャ共和国(Greece)も素敵やけど、冬のエーゲ海にはまたぐら違った魅力があります。エーゲ海の海の幸が抜群においしくなるのや。ギリシャ共和国(Greece)では、アポクリ・・・

オレンジの街路樹を極める!

アテネはもちろん、メテオラで有名なカランパカ、デルフィの神託で有名なデルフィ、オリンピック発祥の地、アクロポリスなど、地方の町でも、ギリシャ共和国(Greece)の街路樹としていたるところで見かけるの・・・

レンズマメのスープが激うま♪(作り方)

ギリシャ共和国(Greece)の家庭では、豆料理をよく作ります。なかでもレンズマメちゅう・・・なんとなく、日本の小豆に似た豆を使ったスープは、寒い冬などの身体を芯から温めてくれます。ファケス・スパ・・・

ギリシャ共和国(Greece)風煮込み スティファドが激ウマ♪

ギリシャ共和国(Greece)料理にトマトは欠かせません。牛肉をとろとろになるまでパスタと一緒に煮込んだり、ミートボールや豆を煮込んだり、ととにかくトマトベースの煮込み料理がギリシャ共和国(Greec・・・