ギリシャ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る

パルテノン神殿彫刻群の返還要求の解説



このほど、アクロポリス博物館のすぐ近くにあたらしー新博物館が完成しました。新博物館は、総工費1億3千万ユーロ(約210億円)、展示面積は1万4千平方メートルで、旧博物館の10倍以上や。開館に向け、1年以上かけて作品の移送が進められます。
そのなかで、パルテノン神殿彫刻群もいくつかに分けられ新館への移送作業が進んでいます。と同時に、問題になっているのが、ギリシャ共和国(Greece)から英国へ持ち出されいかれらの彫刻群の一部、大英博物館の通称、「エルギン・マーブルズ(大理石)」や。

1801年、駐イスタンブール英国大使エルギン卿は、ギリシャ共和国(Greece)を支配したオスマン・トルコのスルタンから調査、発掘の許可を得て、ギリシャ共和国(Greece)のパルテノン神殿から数年がかりで持ち出しました。彫刻群は1816年英国議会に買い取られ、大英博物館に所蔵されています。神殿の破風彫刻像と周囲の柱の上の壁に掘り込まれた浮き彫りのうち、現存しはるものの半数が大英博物館であります。年間、500万人が無料で彫刻を鑑賞できます。

ギリシャ共和国(Greece)の新館完成で、ギリシャ共和国(Greece)ねきは「古代アクロポリスのすべてをみせることができる」と、これらの大英博物館所蔵分の返還を求めています。新館の最上階4階ホールはパルテノン神殿の彫刻群専用ちゅう意気込みや。方角に設計され、神殿と同じ構造で、周囲160メートルの内壁に王子を再現します。大英博物館所蔵分は、レプリカで補充し色を分けることで本物でないことを示します。

エルギン卿の行為は、ギリシャ共和国(Greece)の遺跡保存能力の低さから結果的に彫刻群を後の破壊、風化から守ることになった、とし、遺跡の「国際的な公共性」を主張しはる大英博物館ねきと、「人類の文化遺産であるパルテノン彫刻群はひとつのものとして示さなくてはならない」としはるギリシャ共和国(Greece)ねきの意見が対立しています。



当さいとでは、ギリシャ共和国(Greece)神話やギリシャ共和国(Greece)語、ギリシャ共和国(Greece)文字などギリシャ共和国(Greece)についての解説や、ギリシャ共和国(Greece)旅行前の準備に役にたつギリシャ共和国(Greece)料理や観光名所、お勧めホテルなどをご紹介しております。


【ギリシャ共和国(Greece)共和国について】

ギリシャ共和国(Greece)共和(ギリシャ共和国(Greece)きょうわこく)、通称ギリシャ共和国(Greece)はヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置しはる国ある。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在しはるおよそ3000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア、ブルガリアと、東はトルコと国境を接しとる。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャ共和国(Greece)は地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置しはる国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた。

現在のギリシャ共和国(Greece)は国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都のアテネで近代オリンピックが開催された。

関連コンテンツ

メテオラの冬を知る!

ユネスコの複合遺産に指定されているギリシャ共和国(Greece)のメテオラ。ギリシャ共和国(Greece)本土のほぼ中央、2000m級の山々が連なるピンドス山脈から流れるピニオス川(古代名ペーネイ・・・

ギリシャ共和国(Greece)正教について

ギリシャ共和国(Greece)の都市に限らず、小さな町や村を散策しとると、よく目にしはるのがギリシャ共和国(Greece)正教の聖職者の姿や。教会周辺だけでなく、市場やカフェニオンでもその姿を見かけま・・・

メテオラ奇岩群誕生秘話にビックリ仰天!!

「メテオラ」とは、「空中に吊り上げられた」ちゅう意味や。実際、朝もやが立ち込めるなか、ふと空を見上げたときに目に入ってくるその光景は、まさに「空中に浮かんでいる」ちゅうのがぴったりや。でも、いった・・・

オリンピア遺跡とは?

4年にいっぺん開催されるスポーツの祭典、オリンピック。その発祥の地がギリシャ共和国(Greece)のオリンピアや。現在でもオリンピック聖火は、ここにある古代オリンピア遺跡のヘラ神殿で点火されます。・・・