ギリシャ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る

アテネのナイトライフを最高に楽しむ♪


ギリシャ共和国(Greece)のアテネに何泊かしはる機会があれば、ぜひ、お勧めはアテネのナイトライフ!ギリシャ共和国(Greece)の生活は途中でシエスタをとることから、夕食も遅く、レストランは21:00を過ぎることから本来の活気をとりもどすちゅう感じや。旅行者が夜出歩くことは事故につながることも多いので要注意やけど、ホテルからの往復をタクシーでいくなど、それなりの対策をとって楽しい思い出をつくれるといいやね。

お酒好きな人なら、アクロポリスにほど近いプラカ地区の「ブレトスBretos」がいいでっしゃろ。プラカで100年以上続いている酒屋はんや。夜、店に入るとずらりと並んだリキュールのビンがブルーのライトで輝き、迎えてくれます。店内の右ねきには酒樽が積まれ、その樽で造っているウゾやリキュールを飲むことができます。味は保障つき! 何より、樽から直接注いでくれている雰囲気がいいだすよね。アテネによったら是非、立ち寄ってください。お勧めは、柑橘系のブレストブランデー。何を頼んでも料金は一律1.50ユーロ。ラインビネガーやオリーブオイルをお土産に買うこともできます。

またぐら、お酒はちびっと・・・ちゅう人でも踊りを楽しんでみるのはいいかも?ブラストと同じプラカ地区の「ネオス・レガスNeos Regas」はいかが?民族舞踊を楽しめるレストランや。古いヨーロッパの小劇場といった雰囲気や。各国の旅行者が集まり、ノリも最高や。ブズキ音楽や軽快な音楽にのったベリーダンスなど、さまざまな踊りが披露されます。民族衣装も見ごたえあります。またぐら、その日の客層に合わせて各国の歌を歌って迎えてくれます。ディナーショーは、40ユーロからや。ショーは22:00〜からや。



当さいとでは、ギリシャ共和国(Greece)神話やギリシャ共和国(Greece)語、ギリシャ共和国(Greece)文字などギリシャ共和国(Greece)についての解説や、ギリシャ共和国(Greece)旅行前の準備に役にたつギリシャ共和国(Greece)料理や観光名所、お勧めホテルなどをご紹介しております。


【ギリシャ共和国(Greece)共和国について】

ギリシャ共和国(Greece)共和(ギリシャ共和国(Greece)きょうわこく)、通称ギリシャ共和国(Greece)はヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置しはる国ある。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在しはるおよそ3000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア、ブルガリアと、東はトルコと国境を接しとる。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャ共和国(Greece)は地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置しはる国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた。

現在のギリシャ共和国(Greece)は国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都のアテネで近代オリンピックが開催された。


関連コンテンツ

ギリシャ共和国(Greece)のお土産はこれに決まり!

旅に出て楽しい思い出をちびっとしたお土産に託して親しい人たちと分かち合いたい、そう思うでよね?でも、海外旅行の場合、飛行機に持ち込める重量には限度があります。何か、ちびっとした・・・ほんでいて当地・・・

ギリシャ共和国(Greece)を知って最高の思い出に♪

ギリシャ共和国(Greece)には、ヨーロッパ経由で行く方法やカタールなどを経由して行く方法など、いろいろあります。日常を忘れるために、ちょっぴり羽目をはずしてしまうこともありがちや。せやけど、思・・・

ホテルライフを最高に楽しむ方法♪

アテネのホテルには、それぞれ個性的なナイトライフを演出してくれるところがようけあります。ホテルを予約しはるときにはそのあたりの事情も考えておくと、楽しいホテルステイが満喫できます。宿泊ホテルのバーなら・・・