ギリシャ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る
「ギリシャ旅行に行く前にお読みください!」トップ >  ギリシャのお勧めホテルや名所 > ギリシャ共和国(Greece)を知って最高の思い出に♪

ギリシャ共和国(Greece)を知って最高の思い出に♪



ギリシャ共和国(Greece)には、ヨーロッパ経由で行く方法やカタールなどを経由して行く方法など、いろいろあります。日常を忘れるために、ちょっぴり羽目をはずしてしまうこともありがちや。せやけど、思わぬ事故を防ぐためにも異国を旅行しはるための最低限の基本情報はしっかりと押さえておきましょう。

ギリシャ共和国(Greece)の基本情報

●時差
日本との時差はマイナス7時間や。ギリシャ共和国(Greece)のお昼12時は、日本の夜7時となります。せやけど3月末から10月末まではサマータイムになりますので、日本よりも6時間マイナスになります。

●気候
ギリシャ共和国(Greece)は地中海性気候に属します。夏(5月〜9月)は高温や。せやけど湿度が低いことからすごしやすく、カラッした感じや。夏の間は、めったに雨は降りません。じめじめした日本の汗ぐっしょりの夏よりも数段快適やけど、乾燥のために唇などが荒れやすいかもしれません。日差しが強いためサングラスと日焼け止めは必須や。
冬は、温度的には東京よりもちびっと高い程度で、ぜったい灼熱の夏のイメージで行ってはいけません。デルフィやメテオラなど中北部はかなりの寒さとなります。雪も降ります。またぐら、雨が多いことから雨具の用意も忘れずに。昼夜の寒暖の差から体調を崩しやすいので、重ね着ができるといいでっしゃろ。

●通貨
通貨単位はユーロや。ギリシャ共和国(Greece)語ではEYPΩ(エプロ)で表記されます。1ユーロ=100セント(ギリシャ共和国(Greece)ではレプタ)や。

●両替
両替は空港、銀行、両替所、またぐらホテルでも可能や。日本円から直接両替が可能や。一般のお店で円は使用できません。トラベラーチェックもなかなか使えるところがようけないのでユーロの現金が必要や。20ユーロ札以下が多いと便利でっしゃろ。クレジットカードを利用しはる場合は、パスポートの提示が必要や。



当さいとでは、ギリシャ共和国(Greece)神話やギリシャ共和国(Greece)語、ギリシャ共和国(Greece)文字などギリシャ共和国(Greece)についての解説や、ギリシャ共和国(Greece)旅行前の準備に役にたつギリシャ共和国(Greece)料理や観光名所、お勧めホテルなどをご紹介しております。


【ギリシャ共和国(Greece)共和国について】

ギリシャ共和国(Greece)共和(ギリシャ共和国(Greece)きょうわこく)、通称ギリシャ共和国(Greece)はヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置しはる国ある。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在しはるおよそ3000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア、ブルガリアと、東はトルコと国境を接しとる。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャ共和国(Greece)は地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置しはる国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた。

現在のギリシャ共和国(Greece)は国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都のアテネで近代オリンピックが開催された。

関連コンテンツ

ギリシャ共和国(Greece)のお土産はこれに決まり!

旅に出て楽しい思い出をちびっとしたお土産に託して親しい人たちと分かち合いたい、そう思うでよね?でも、海外旅行の場合、飛行機に持ち込める重量には限度があります。何か、ちびっとした・・・ほんでいて当地・・・

アテネのナイトライフを最高に楽しむ♪

ギリシャ共和国(Greece)のアテネに何泊かしはる機会があれば、ぜひ、お勧めはアテネのナイトライフ!ギリシャ共和国(Greece)の生活は途中でシエスタをとることから、夕食も遅く、レストランは21:・・・

ホテルライフを最高に楽しむ方法♪

アテネのホテルには、それぞれ個性的なナイトライフを演出してくれるところがようけあります。ホテルを予約しはるときにはそのあたりの事情も考えておくと、楽しいホテルステイが満喫できます。宿泊ホテルのバーなら・・・