ギリシャ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る
「ギリシャ旅行に行く前にお読みください!」トップ >  ギリシャのお勧めホテルや名所 > ギリシャ共和国(Greece)のお土産はこれに決まり!

ギリシャ共和国(Greece)のお土産はこれに決まり!



旅に出て楽しい思い出をちびっとしたお土産に託して親しい人たちと分かち合いたい、そう思うでよね?でも、海外旅行の場合、飛行機に持ち込める重量には限度があります。何か、ちびっとした・・・ほんでいて当地の香りを芳醇に伝えられる品を選びたいものや。

ギリシャ共和国(Greece)のお土産としてお勧めは?

ギリシャ共和国(Greece)のドライフルーツはどうでっしゃろ?プルーン、アプリコット、イチジクなど、ギリシャ共和国(Greece)の灼熱の太陽の香りを存分に吸収した味は濃厚や。さほど荷物にならずおいしい思い出を届けることができるでっしゃろ。

そのほか、バージンオイルもお勧めや。古代ギリシャ共和国(Greece)では、オリーブオイルは神の万能薬とされていました。ギリシャ共和国(Greece)ではそのオリーブオイルにバルサミコ酢を加えたドレッシングが人気や。なかでもイオニアのエキストラバージンオイルは、酸度が低く、通常のエキストラバージンよりワンランク上や。フルーティでまろやかな風味はサラダやパスタに幅広く重宝します。

またぐら、ワインもお勧め。せやけど・・・重いのでそこのところを覚悟すればの話やけど。一押しは、カトウリ白ワイン。ギリシャ共和国(Greece)特有のぶどう品種、シャトルドネとロディティスを用いています。個性豊かな味わいで、すっきりときれのある辛口白ワインや。一方、赤がいいちゅう人にお勧めは、イミグリィコスや。数種類のギリシャ共和国(Greece)の武道、マグロダフネ、アギオルギティコ、フィレリを用いた魅惑的なアロマと豊かな味あいが特徴や。滑らかな、のどごしを楽しめるでっしゃろ。重くもなく、軽くもなく、人気や。

さらに天然の蜂蜜も人気や。野生のタイムから採取した芳醇な蜂蜜はコンパクトな小瓶でも売られており、ちびっとしたお土産に最適や。



当さいとでは、ギリシャ共和国(Greece)神話やギリシャ共和国(Greece)語、ギリシャ共和国(Greece)文字などギリシャ共和国(Greece)についての解説や、ギリシャ共和国(Greece)旅行前の準備に役にたつギリシャ共和国(Greece)料理や観光名所、お勧めホテルなどをご紹介しております。


【ギリシャ共和国(Greece)共和国について】

ギリシャ共和国(Greece)共和(ギリシャ共和国(Greece)きょうわこく)、通称ギリシャ共和国(Greece)はヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置しはる国ある。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在しはるおよそ3000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア、ブルガリアと、東はトルコと国境を接しとる。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャ共和国(Greece)は地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置しはる国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた。

現在のギリシャ共和国(Greece)は国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都のアテネで近代オリンピックが開催された。

関連コンテンツ

ギリシャ共和国(Greece)を知って最高の思い出に♪

ギリシャ共和国(Greece)には、ヨーロッパ経由で行く方法やカタールなどを経由して行く方法など、いろいろあります。日常を忘れるために、ちょっぴり羽目をはずしてしまうこともありがちや。せやけど、思・・・

アテネのナイトライフを最高に楽しむ♪

ギリシャ共和国(Greece)のアテネに何泊かしはる機会があれば、ぜひ、お勧めはアテネのナイトライフ!ギリシャ共和国(Greece)の生活は途中でシエスタをとることから、夕食も遅く、レストランは21:・・・

ホテルライフを最高に楽しむ方法♪

アテネのホテルには、それぞれ個性的なナイトライフを演出してくれるところがようけあります。ホテルを予約しはるときにはそのあたりの事情も考えておくと、楽しいホテルステイが満喫できます。宿泊ホテルのバーなら・・・