ギリシャ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る
「ギリシャ旅行に行く前にお読みください!」トップ >  ギリシャの習慣 > ギリシャ共和国(Greece)のクリスマスを最高に楽しむ♪

ギリシャ共和国(Greece)のクリスマスを最高に楽しむ♪


ギリシャ共和国(Greece)は、キリスト正教徒が国民の90パーセントを占める国や。またぐらキリスト正教は国の宗教でもあることから、クリスマスの盛況ぶりは日本とは比較にならないほどや。アテネのシンタグマ広場には大きなツリーが飾られます。はんなりな光を撒き散らし、メリーゴーランドが回っています。このメリーゴーランドは無料であることから、小さな子どもからカップルまでこぞって楽しみます。またぐら、街のお店のウィンドーはクリスマスの飾り付けで、それはそれはきれいや。

日本では12月25日が終わると、さっさとツリーを片付け、早々にお正月モードに入りますよね。でも、ギリシャ共和国(Greece)では新年が明け、1月16日まではまだまだクリスマスモードが続きます。クリスマスの「xmas」とはΧΡΙΣΤΟΣ(フリストス)・・・ギリシャ共和国(Greece)語のキリストを意味しはる言葉から来ています。

地中海の燦燦と輝くイメージが強いギリシャ共和国(Greece)やけど、冬はあります。日本ほど寒くはありませんし、乾燥しとるのでじわ〜っと凍みてくるような冷たさはありません。ほんでも、この時期、熱々の焼き栗やなんばの屋台が路上に出て、なんとも香ばしい匂いを漂わせます。クリスマスイブの夜、シンタグマ広場からオモニア広場までは地下鉄で一駅やけど、歩いてでも20分ほどや。夜でも十分に明るく、まるで歩行者天国の様や。辺りを、出店を見ながら散策しはるのもまたぐら楽しい思い出になります。

アテネのへそとも言われるシンタグマ広場に対し、オモニア広場はどちらかちゅうと庶民くささが残る感じや。
下町的で・・・ちょっぴりいかがわしい感じもしますが、ギリシャ共和国(Greece)の庶民生活を垣間見ることができます。



当さいとでは、ギリシャ共和国(Greece)神話やギリシャ共和国(Greece)語、ギリシャ共和国(Greece)文字などギリシャ共和国(Greece)についての解説や、ギリシャ共和国(Greece)旅行前の準備に役にたつギリシャ共和国(Greece)料理や観光名所、お勧めホテルなどをご紹介しております。


【ギリシャ共和国(Greece)共和国について】

ギリシャ共和国(Greece)共和(ギリシャ共和国(Greece)きょうわこく)、通称ギリシャ共和国(Greece)はヨーロッパの南東、バルカン半島最南端部に位置しはる国ある。半島南部およびペロポネソス半島に加えエーゲ海を中心に存在しはるおよそ3000もの島によって構成される。北は西からアルバニア、マケドニア、ブルガリアと、東はトルコと国境を接しとる。本土の周囲は東にはエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれている。

ギリシャ共和国(Greece)は地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置しはる国としてヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた。

現在のギリシャ共和国(Greece)は国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都のアテネで近代オリンピックが開催された。

関連コンテンツ

ギリシャ共和国(Greece)語を最速でマスターする!

外国を旅しはるときには、ちびっとしたあいさつや受け答えをその国の言葉で言えるようにして行くと、旅が一段と楽しく、またぐらその国が身近に感じられるようになります。ギリシャ共和国(Greece)のかんたん・・・

ギリシャ共和国(Greece)おもしろ文字

「アルファ」「ベータ」・・・ちゅうと、なんだか高校時代の数学の授業を思い出してしまい・・・思わず苦笑いしてしまう人もいるのでは? このアルファ、ベータ・・・ちゅうのは、ギリシャ共和国(Greec・・・

ギリシャ共和国(Greece)正教 修道士

北風が岩間を吹き抜ける冬、野生的で威風堂々とした光景を目にしはるとき、せやなかったら陽光溢れる春の日に、野生の花や潅木から発しはる芳しい匂いに包まれながらやさしく穏やかな景色を眺めるとき、人は、人間ち・・・

ギリシャ共和国(Greece)正教修道士と礼拝

神の礼賛は、ギリシャ共和国(Greece)正教修道院の修道士の最も重要な務めや。それは神との対話や。修道士は日に6時間から7時間、日曜と祭日には11時間あまり、ひたすら祈り続けます。忍耐と献身、ほ・・・