C型肝炎【わたしの心の叫び!絶叫ブログ日記】のTOPに戻る

C型肝炎:自分で注射しはる!



C型肝炎の治療薬といえばインターフェロンが有名や。
インターフェロンは、C型肝炎のウイルスの型によって、使われる種類が違います。
ある一部のインターフェロンは、自己注射が可能や。
自己注射とは、医師や看護士の手を借りずに、自分で注射しはることや。

インターフェロン治療のために仕事を休んだり、遠い病院まで通院しとる方にとっては、自己注射は自宅で打つことが出来ますから、便利やね。
打つ時間も就寝前で良いちゅうことなので、翌朝には副作用も和らいでいる可能性があります。
またぐら、費用に関しても2005年4月から保険適用になっています。

ただし、注意事項はいくつかあります。
まず、リバビリンとの併用は認められていまへん。
またぐら、週に1回打つだけで済むペグインターフェロンの自己注射は認められていまへん。
あくまでも、インターフェロンの単独時に可能ちゅうことかいなら、全てのC型肝炎患者が自己注射を受けられるわけではないのや。

もしも自己注射を打つ許可がおりれば、注射を打つ練習をします。
自宅での自己注射の治療が開始されたら、その効果と副作用を見てもらうために、2週に1度は医療機関を受診します。
またぐら、注射器を自宅に保管しはるのかいなら、その扱いには十分な注意が必要や。
自己注射をしたあとの注射針が、誤って家族に刺さる針刺し事故は、避けなくてはいけません。
扱い方に十分注意すれば、とても便利なものや。
さらには、C型肝炎の完治率も上がるのではないでっしゃろか?


【C型肝炎のかんたんな説明】

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染しはることで、
発症しはる、ウイルス性肝炎の一種や。

日本では、インターフェロンがききにくい、1b型が70〜85%をしめます。以降2a型が10〜15%、2b型が約5%で、他のタイプはまれや。ただし、血友病患者では1a型がおおい。これは血友病患者がC型肝炎に罹患しはる原因となった、血液製剤の輸入元であるアメリカでは、
1a型が最も多いことに由来しています。
200万人程度の感染者がいるとされています。

関連コンテンツ

C型肝炎の治療方法の徹底解説

肝臓は、人間が健康で生活しはるための重要な要素がたくはん含まれています。 肝臓が病に侵されると、体がだるくなったり、疲れやすくなって、食欲がなくなってしまいます。 特に、今世間を騒がせているC型肝・・・

C型肝炎の重要な食事療法

C型肝炎になったら、どねんうな食事療法をとれば良いのか、見てみましょう。 肝臓が病に侵されると、肝細胞の数が減り、肝臓の働きが悪くなります。 これは、たんぱく質を作る力がなくなってくる為と・・・

c型肝炎最新治療法

薬害C型肝炎の訴訟問題で和解が成立し、ニュースなどを目にしたおかげで、ようけの方がC型肝炎ちゅう病気があることを知ったのではないでっしゃろか。 誰しも、自分が病気にならないと、興味を持ったり関心・・・

c型肝炎支援者の会

薬害C型肝炎の訴訟には、いろいろな人が応援されています。 自分も何か力になりたいと思っている方もいらっしゃるでっしゃろ。 調べてみると、各地域で支援者の会ちゅうものが設立されています。 ・・・

C型肝炎治療には周りの協力、理解が必要!

C型肝炎は、感染が怖いと言うイメージがありますね。 せやけど、普通の生活では感染しないことは、患者はん自身は当然、理解されています。 一番おーじょーしはるのは、周りの理解を得られないちゅうこと・・・