C型肝炎【わたしの心の叫び!絶叫ブログ日記】のTOPに戻る

インターフェロン徹底解説



C型肝炎の治療に使われるインターフェロンの効果については、いろいろな条件が重なると、より効果を発揮します。
まず、ウイルス遺伝子の型が2a・2bのどちらかであり、C型肝炎ウイルスの量がちびっとこと。
次にC型肝炎になってからの期間が短いこと。
さらに、インターフェロンの使用量が多いこと。
これらの条件が重なると、良い結果が得られると言われています。

インターフェロンちゅうのは、肝炎の治療でもっとも有効と言われている薬で、注射によって処置が施されます。
肝炎に効くインターフェロンには、大きく分けて2種類あり、インターフェロン・アルファとインターフェロン・ベータがあります。
種類によって、注射を打つ期間や間隔、注射量・注射方法が違います。

癌治療に使われる抗がん剤に、強い副作用があるのはよく知られていますね。
インターフェロンにも、同様に副作用があり、実際に治療を受けいかとがある方は、皆一様に辛かったとおっしゃいます。
主に、表れる副作用は発熱や筋肉痛・関節痛などやけど、これらは座薬などの鎮痛剤を使用して抑えることができます。
せやけど、長く続ければ続けるほど、不眠や意欲消失状態がでることがあり、ひどくなるとうつになる方もあるほどや。
『このまま続けると危険』と見なされたり、患者自身があまりの辛さから「やめたい」と申し出ると、インターフェロンの治療を中断しはることになります。

医師の意見はしっかり聞く必要はありますが、治療をいつから始めるか、いつまで続けるかなどを最終判断しはるのは、患者であるわて達自身や。
C型肝炎は、長い期間を経てぼちぼち進んで行く病気や。
早く治療を始めるけど越しいかとはありませんが、自分や家族が納得できる医師を探してから、治療を始めてはいかがでっしゃろ?


【C型肝炎のかんたんな説明】

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染しはることで、
発症しはる、ウイルス性肝炎の一種や。

日本では、インターフェロンがききにくい、1b型が70〜85%をしめます。以降2a型が10〜15%、2b型が約5%で、他のタイプはまれや。ただし、血友病患者では1a型がおおい。これは血友病患者がC型肝炎に罹患しはる原因となった、血液製剤の輸入元であるアメリカでは、
1a型が最も多いことに由来しています。
200万人程度の感染者がいるとされています。

関連コンテンツ

インターフェロン以外の治療方法

C型肝炎に、インターフェロンの治療が最も効果的だと言われています。 せやけど、ウイルスの遺伝子がインターフェロンに向いておらへん場合は、どうしたら良いのか疑問に思われることでっしゃろ。 C型肝・・・

インターフェロンの治療

C型肝炎であっても、全ての人にインターフェロンが使われるわけではありません。 よく毛染めやパーマをかける時に、パッチテストちゅうのをしますが、インターフェロンにおいても同様のテストを行います。 ・・・