ラインの太さ(初心者)

エギングはPEラインと、リーダのフロロカーボンを結んで使用しますが、初心者の方は、結び方がうまくできずにエギのロスが多く悩んでいる方や、スッポ抜けで悩んでいる方も多いです。

一般的には細いほうがいいと言われていますが、

初めのうちは、PE0,8 リーダー2号ぐらいがトラブルも少なくオススメの太さだと思います。

ラインの結び方(強力ノットの種類)

PEラインとリーダの結び方は、一般的には簡単にできる電車結びが多く使用されていますが、スッポ抜けや強度が劣る点で他の結び方をしている方もいます。

強度が強い結び方をしようと思うと、いろいろ種類がありますが、電車結びに比べると、少し難しくなります。

【種類】

電車結び

SIGノット

SFノット

ノーネームノット

正海ノット

などがあります。

釣り場では風が吹いていたり、悪天候だったりと条件はいろいろです。あまり複雑で大変な結び方よりも、少し強度が落ちても簡単に結べる結び方をしたほうが、実践向きともいえます。

電車結びでも、しっかりとチェックして結ぶことによりスッポ抜けなどのトラブルもかなり減らすことができます。