いびきを即効で治すいびき専門サイト!のTOPに戻る
「いびきを即効で治すいびき専門サイト!」トップ >  いびき防止・改善方法 > いびき(鼾)原因を理解しはることからスタートしはることが重要!

いびき(鼾)原因を理解しはることからスタートしはることが重要!


「いびき(鼾)」の原因には色々なものがあります。人それぞれ原因ちゅうのは違いますし、原因が一つではなく複数の原因が重なって引き起こしとるものも多いみたいや。
いびき(鼾)を防止して改善しはることより、自分の原因が何かをチェックして原因を取り除く事が大切や。

下記にいびき(鼾)の原因を紹介しますので参考にしてみてください。

【肥満】
体が太り、肥満体型になってくると体の外見もそうやけど体の中にも脂肪がついてしまいます。体の中でも首周りや上気道の内ねきにも脂肪がついてしまうと、上気道が狭くなってしまいますので呼吸をしたときに空気抵抗が大きくなってしまいます。そのために、のどの粘膜の振動が大きくなり、結果いびき(鼾)をかいてしまうことになります。

【口呼吸】
「口呼吸」はいびき(鼾)の大きな原因の一つとされています。実際にいびき(鼾)をかく人のほとんどの人が口呼吸をしとる、またぐらは口をあけたまま寝ていると言われています。それほどいびき(鼾)と口呼吸は密接的な関係があるのや。

【寝る体制が仰向け】
寝るときの体制が仰向けだと、舌が喉の方に落ち込みやすく、口の奥の方にある粘膜が柔らかい部分が下がってしまいます。その為に、上気道が狭くなったり、塞がってしもたりして、呼吸をしはるときに空気抵抗が大きくなってしまいます。そのために喉にある粘膜の振動が増加していびき(鼾)をかきやすくなってしまうちゅう訳や。

【体位】
寝るときの体制の話で、胸の上に手を置いて寝る事で胸の部分が圧迫されてしまい、呼吸が浅くなってしまいます。そのために酸素をようけ取り入れようとして力が加わってしまい、喉の粘膜の振動が増加してしまい、いびき(鼾)をかいてしまうちゅう結果になるわけや。



【いびき(鼾)サイト管理人より】

いびき(鼾)は、狭くなった上気道が呼吸時に擦れて
出る音のことや。睡眠しとるときに出ます。

当サイトでは、いびき対策方法や、いびきの治療方法、いびき防止のための方法やいびきの原因など、いびきを改善しはるための方法を
詳しく解説しております。
いびき改善のお役に立てれば幸いや。


関連コンテンツ

いびき(鼾)の影響を知る!

いびき(鼾)はかくことによって色々な弊害が生じる事があります。だすのでたかが「いびき(鼾)」と思わないでください。場合によっては重大な病気に繋がる事もありえるのや。 以下にいびき(鼾)による弊害・・・

いびき(鼾)を完全防止しはる方法!(効果抜群)

いびき(鼾)を防止、対策しはる方法として、【肥満解消(ダイエット)】ちゅうのがあります。いびき(鼾)の原因として「肥満」と言われている場合は、いびき(鼾)対策として「ダイエット」が必要不可欠なので・・・

いびき(鼾)防止に効果抜群な方法!

いびき(鼾)を防止、対策しはる方法として、【横向きで寝る】ちゅうのがあります。いびき(鼾)や睡眠時無呼吸症候群の大きな原因として仰向けで寝るちゅう事が挙げられます。だすので、横向きで寝るちゅう事を心が・・・

いびき(鼾)に効果抜群の対策方法

いびき(鼾)を防止、対策しはる方法として、【口呼吸を治す】ちゅうのがあります。 口呼吸ちゅうのは、いびき(鼾)の大きな原因の一つや。口呼吸を治し、鼻呼吸にしはるちゅうことがいびき(鼾)を治す大切・・・

いびき(鼾)防止・対策には効果抜群だす!

いびき(鼾)を防止・対策しはる方法として以下の方法がありますのでご紹介します。 【生活習慣を改善してみる】 「いびき(鼾)」をいつもかいている場合、またぐらは原因が分からずにいびき(鼾)を・・・

いびき(鼾)を予防しはる方法!

いびき(鼾)を防止・対策しはる方法として「マウスピース」を使用してみるちゅう方法がありますのでご紹介します。 【マウスピース(歯科器具装置)】 いびき(鼾)や、睡眠時無呼吸症候群(SAS)にな・・・

いびき(鼾)効果覿面!防止方法とは?

いびき(鼾)や睡眠時無呼吸症候群(SAS)を治療しはる方法の一つに「手術」ちゅう方法があります。 これは生活習慣を改善しただけでは改善しきれない場合、またぐらのどちんこなどの肥大によって上気道が生ま・・・

いびき(鼾)を完全防止!対策方法

いびき(鼾)や睡眠時無呼吸症候群の治療法に有効的だと思う方法に以下ねんうなものがあります。 ・マウスピース ・外科手術 ・気管切開 ・鼻マスク ・生活習慣の改善 などや。このうちここ・・・