いびきを即効で治すいびき専門サイト!のTOPに戻る
「いびきを即効で治すいびき専門サイト!」トップ >  いびき解消方法の解説 > おとがいといびき(鼾)には関係があった!?

おとがいといびき(鼾)には関係があった!?



おとがいがちっこい、小顔がいいなどとちっこいのがいいとされていますが、おとがいがちっこいと「いびき(鼾)」をかきやすくなることがあります。

何故かちゅうとおとがいが小さくなると、次第に舌がおとがいに収まらなくなってしまうために気道の方に落ちるようになっていきます。
気道の方に舌が落ちていくと気道が狭くなってしまうために、呼吸をしはると空気の通りに抵抗ができるようになります。その抵抗がいびき(鼾)となってしまうのや。

またぐら、おとがいが後方に移動してしもた場合もいびき(鼾)をかいてしまう可能性があります。骨格が関わっている場合は他の原因(肥満など)に関係なくいびき(鼾)をかいてしまう可能性があります。

いびき(鼾)は男性に多かったのやけど、近年食生活の変化から子おとがいの女性が増加してきていますので、いびき(鼾)をかく女性が増えてきているようや。

またぐら、老化などによる筋力の低下などでもいびき(鼾)をかいてしまう可能性があります。筋力ちゅうのは人によって違いますが、だいたい30歳位が筋力のピークだと言われていて、45〜50歳位までは徐々に筋力が低下していきます。
その後、60歳前後で急速に筋力が低下しはるといわれています。

こういった場合でいびき(鼾)をかく人は、マウスピースやマスク(CPAP)などを使用していびき(鼾)を解消しはるのがいいと思うで。
マウスピースを使用しはる場合は、おとがいを持ち上げた状態で使用し、下おとがいや舌が落ちるのを防止します。
マスクは、鼻から空気を入れて人工的に気道を広げるようにして使用します。



【いびき(鼾)サイト管理人より】

いびき(鼾)は、狭くなった上気道が呼吸時に擦れて
出る音のことや。睡眠しとるときに出ます。

当サイトでは、いびき対策方法や、いびきの治療方法、いびき防止のための方法やいびきの原因など、いびきを改善しはるための方法を
詳しく解説しております。
いびき改善のお役に立てれば幸いや。


関連コンテンツ

いびき(鼾)の手術内容と手術の流れ

いびき(鼾)ちゅうのは、あまり楽観視しないほうがいいと思うで。睡眠時無呼吸症候群や、耳鼻科などの疾患などの場合もありますので専門医に相談しはる事をおすすめします。 いびき(鼾)はどうしてかくので・・・

いびき(鼾)最新治療方法

いびき(鼾)をかく原因ねんうけは、鼻呼吸をしないで口呼吸をしはることと考えられています。最近は男性だけでなく、女性もガキも幼児にもいびき(鼾)の症状がようけ見られています。 いびき(鼾)を防止し・・・

いびき(鼾)と睡眠時無呼吸症候群(かなり怖い症状)

いびき(鼾)ちゅうのは、空気の通り道である上気道が狭くなることで、空気が通る振動音を出す事で起きています。 それとは別に睡眠時無呼吸症候群ちゅうのは、空気の通り道である気道が塞がってしまって・・・