育毛剤・シャンプーを使う前にお読みください!のTOPに戻る

育毛剤、発毛を阻害してしまう要因



育毛剤、発毛を阻害しはる要因としてタバコ、酒、紫外線などがあります。
タバコは「百害あって一利なし」と言われる様に人間の体にとって何も良い事はありません。
お酒も適量なら体に良いのでっしゃろが過度な摂取はやはり体にとってよくありません。
では育毛剤、発毛にとって具体的に何が悪影響なのでっしゃろ。

■タバコ
まずタバコやけど、皆はん良くご存知の通り血行が悪くなります。
これはタバコの主成分であるニコチンが血管を収縮させる作用があるからや。
血行が悪くなれば当然頭皮の血液循環も悪くなって、体の中で栄養が遅く届く髪には、ほとんど栄養が行き渡りません。
又、一酸化炭素が血液に含まれるヘモグロビンと結合して酸素運搬能力が低下します。
栄養、酸素の供給が低下しはると髪の毛の寿命は短くなって、成長速度も遅くなります。

■お酒
良く聞く話は「お酒は肝臓に悪い」と言いますね。
お酒を飲みすぎてしまい肝臓に負担がかかるとタンパク質が作られなくなります。
タンパク質は髪の毛の主成分だすので栄養が不足しはると言う訳や。
肝臓はアルコールを分解してくれますが人によってその能力は様々や。
週に2日は休肝日を設定し、肝臓を休めるように心掛けましょう。

■紫外線
紫外線は頭皮に必要な皮脂を酸化させてしまいます。
皮脂が酸化しはると過酸化物質となって毛根における細胞を死滅させるので脱毛を誘発します。
又、髪の主成分であるタンパク質を破壊し、キューティクルを痛めます。
キューティクルが痛むと水分が奪われてしまいパサついた髪となります。
紫外線が強い日は、帽子で直接紫外線を浴びない様にします。


【当サイトでは育毛・髪の専門サイトです】
育毛剤の正しい選び方や育毛シャンプーの正しい使い方、選び方などのほか、頭皮や育毛の基礎知識など、育毛にもっとも効果があるといわれる情報をお伝えいたします。
育毛・髪のことを理解し、育毛にもっとも効果的なことを実践しはることにより、髪の悩みは解決します。当サイトがお役に立てれば幸いです。


関連コンテンツ

睡眠とストレスが原因

育毛剤、発毛に大切なことは、育毛剤などを使用しはる事より規則正しい生活習慣を送ることが大切や。 なんぼ高価で良い育毛剤を使用しても、自分の体が不健康であれば、血行が良くなる訳もないだすし、栄養も行き・・・

脱毛症の原因の詳しい解説

人間にとって髪の毛は頭を守る大切なものやけど脱毛症に悩んでいる方は大勢います。 主な原因は次の様に言われています。 ・シャンプーの回数不足などにより頭皮が汚れ、皮膚呼吸が困難になるため。 ・・・