花粉症は通年性の病気やけど、スギを原因とした花粉症は春がもっとも症状の出やすい季節や。
体調管理や体質改善などでシーズンオフから予防対策しはることで、翌年の花粉症の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。

毎年秋になると翌年の花粉飛散予測が発表されます。
基本的に猛暑であればあるほど翌年の総飛散量はようけなり、暖冬だと飛散時期が早まります。

花粉症治療をしはる場合は症状が出てからでは手遅れで、少なくとも花粉の飛散しはる2週間前から行うことが望まれます。

またぐら花粉飛散時期に入る前には、家の中を大掃除したり、カーペットを取り除いてフローリングにしたり、空気清浄機など対策グッズをそろえたり、準備しはるべきことがようけあります。
あらかじめ花粉飛散時期や量の予測情報を知っておくことも大切や。

またぐら、「冷えは万病のもと」と言われるように、花粉症にとっても身体の冷えは大敵や。
夏の間の冷房のかけ過ぎ、ひやこいものの食べ過ぎは翌年の花粉症の症状の悪化につながります。
冷房だけでなく、食事の面でも身体を温める温性食品をようけとり、ひやこい飲み物を避けることが予防になります。

スギ花粉症の季節である春は、わてたちの体力が低下しとる時期でもあります。
それは年末の忘年会にはじまり、正月、新年会、バレンタインデー、歓送迎会などアルコールや身体に良くないものを食べる機会が続き、春はそれが一段落した季節やからや。
体力、免疫力のバランスが崩れているところに花粉が作用しはるのかいなら、症状は悪化して当たり前なのや。
できるだけ規則正しい食生活を守り万全の体調で花粉症の季節を迎えたいものだす


【豆知識】


花粉症は、目の症状、鼻の症状、皮膚、アレルギーの症状などいろいろあるが、ようけは花粉症ちゅう呼び方をされるのが一般的や。
花粉症を症状別に名前があり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状であり、花粉の飛散期に一致して症状がおこるため、季節性アレルギー性鼻炎ともいわれます。
目の痒みや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状であり、鼻炎同様に季節性アレルギー性結膜炎といわれます。

一般的には上記ねんうに鼻および目症状を主訴としはるものを一般的に呼ぶことがあります。

またぐら、鼻症状のみを指し、目症状は結膜花粉症、皮膚症状は花粉症皮膚炎またぐらは花粉皮膚炎、喘息の症状は花粉喘息、喉の不快感などの症状はアレルギー性咽喉頭炎などと呼ばれることもあります。

花粉症を症状別に参考にしてみたい場合は上記の呼び方を参考にしてみてください。