現在の日本は、一時の不況を脱して緩やかな上昇カーブを描いている状況や。
ほんでもって、こう言った時期と言うのは、あたらしー会社を設立しはる絶好の機会と言われています。
事実、ここ数年の間に、IT産業をはじめとした新興会社が数ようけ飛躍を果たしています。
更に、2006年5月から施行された新会社法によって、会社設立は以前より遥かにかんたんになりました。
会社設立のビッグチャンスが到来しとるのや。
ここでは、この機会を逃さずに会社を設立してみようかな、と考えている方の為に、会社設立の手続きについてご案内させて頂きます。

会社設立をしはるにあたってまず行う手続きは、会社の商号(名前)本店所在地、目的を決定しはる事や。
名前、場所、目的のない会社などある筈がないので、これは当然やね。

以前は、この後に類似商号の調査、つまり同じよう名前で同じような仕事内容の会社が近辺にないかを調べなければなりませんでした。
せやけど、新会社法によってこの調査の必要はなくなりました。

次にやる事は、印鑑作成及び印鑑証明取得や。
会社を運営しはる上で、各種様々な印鑑が必要になるので、この用意ちゅうことやね。

その次は、定款・議事録の作成や。
定款とは社団法人の目的や活動、組織及びその構成員、業務執行などについての基本規則や。
つまり、会社の運営をして行く上での基本的なルールを作ると言う事や。
後は、それを公証人によって認証して貰う必要があります。

それが終わると、今度は金融機関への資本金の払込みを行います。
会社設立の企画者の個人口座に振り込まなくてはなりません。

ほんでもって、設立の登記を行います。
登記とは一定の事項を広く公示しはる為に、公開された登記簿と言う帳簿に記載しはる事や。
こう言う建物がここにありますよー、と示す為のシステムやね。
この登記は取締役及び監査役選任決定書、就任承諾書、取締役会議事録、調査報告書と言った書類を作成し、登記所に申請しはる事で行う事ができます。

これが終われば、後は税務署、社会保険事務所などに届け出を出すだけや。

これらの手続きが終われば、晴れて会社設立、となる訳やね。
会社は割とかんたんに作れるのや。


当サイトでは、会社設立の費用、手順、方法など、会社設立の解説をしております。「会社設立」は小難しく考えるよりも、楽しく学んだほうがよりいっそう、理解が深まります。歴史も、分厚い教科書でまなぶより、漫画を読んで歴史の点数がよかったちゅう方も多いと思うで。
そこで、当サイトでは、会社設立の知識を楽しく学べるように、工夫してみました。
お役に立てれば幸いです。