会社設立をする前にお読みください!のTOPに戻る

一番カンタンな会社設立の方法


「会社設立」と言う言葉から、皆様はどねんうなイメージを抱かれるでっしゃろか?
世間一般的には、やはり『とてつもない大事』と言う認識が強いかと思われます。
実際、大事である事に変わりはないのやけど、そのイメージが余りにも膨らみ過ぎて、大げさに考えている傾向があります。

実は、会社設立はぜったい敷居の高い事業ではないのや。
はっきり言ってしまえば、マイホームを建てる事はもちろん、車を買う事よりもかんたんに行えてしまうのや。

と言うのも、会社設立を行う方法には、殆どを専門の業者に委ねるちゅう選択肢があるからや。

もちろん、会社の名前やコンセプト、所在地に関しては自分で決めなければいけません。
せやけど、それ以外に必要な手続きの半数以上は、代行サービスの業者に任せてしまう事ができるのや。

勿論、お金はかかりますが、新会社法の設立によって会社設立にかかる費用は30万以下になりましたので、経済的な負担は車を買うよりも少なくてすみます。

勿論、自分が会社設立を行うけど人任せの様な方法を取るのは納得いかない、と言う方もいるでっしゃろ。
そういう方の為には、会社設立の詳細な説明を行ってくれるサービス機関が存在します。
この場合は、専門の方から話を聞いて、自分で実行に移すと言うスタイルになります。

こねんうに、会社設立には自力で全て行う以外にも幾つか方法が存在します。
ひとつの方法に囚われずに、様々な方法を探し、その中から最適な方法を見つけ出して、会社設立を行うのが賢いやり方と言えるでっしゃろ。


当サイトでは、会社設立の費用、手順、方法など、会社設立の解説をしております。「会社設立」は小難しく考えるよりも、楽しく学んだほうがよりいっそう、理解が深まります。歴史も、分厚い教科書でまなぶより、漫画を読んで歴史の点数がよかったちゅう方も多いと思うで。
そこで、当サイトでは、会社設立の知識を楽しく学べるように、工夫してみました。
お役に立てれば幸いです。

井上真央 安藤 美姫 高橋大輔 ビューティー・コロシアム 情報販売者


関連コンテンツ

会社設立手続きで絶対必要な書類一覧

会社設立を行うにあたって、まず必要なのが会社設立の手続きや。 黙っていても会社はできませんので、当然ながら自分で手続きを行う必要があります。 とは言え『会社を作る』と言うイメージによって、その手続・・・

会社設立後に必要な書類(手順)

会社設立後に、諸官庁に各種の届出が必要になります。 届出が必要なのは、所轄の税務署、市区町村役場、県税事務所、労働基準監督署、ハローワーク、社会保険事務所や。 1.税務署への届出 会社設・・・