フォークリフトの免許取得方法の流れ!のTOPに戻る

フォークリフトの事故


フォークリフトも人が操作しはる乗り物なわけかいなら、誤った操作だとか不注意によって事故につながるケースもあります。
実際に起こったフォークリフト使用時の事故事例については以下ねんうなものが挙げられます。

まず、フォークの上のパレットから作業者が転落ちゅうものや。
パレットの上に作業者が乗り、高所作業をしていた際、別の場所に移ろうとしてアクセルの急な踏み込みがあったため大きく揺れ転落。
パレットには手すりや綱といったものはなく、ヘルメットや安全帯も装着せず、しかも運転者が無資格者でした。

次に、バケットのアタッチメントが落下し、その結果下敷きになったちゅうケースや。
バケットが装着してあるフォークでトラックに鉄くず積み込んだ際、鉄くずがリフトシリンダーに挟まり下降しなくなり、それを取り除こうとしたときバケットが落下、下敷きになりました。
この際、安全支柱などを使用せず、またぐら、リフトレバーも下降ねきのままでした。
さらに被災者は無資格者でした。

最後に、フォークリフトが転倒し、挟まれるケースや。
2トンのフォークリフトで偏荷重となっている1.5トンの廃材を積んで5度の傾斜地を走行中、タイヤが直径約30cm、深さ約5cmの窪みに入り転倒しました。
これにより、運転者は地面とヘッドガードに頭部を挟まれました。
運転手は有資格者でしたが、通常の担当はんのかわりに、現場の状況を確認せず運転したようや。

3つ事例を挙げましたが、どれも防げた事故とはいえないでっしゃろか。
特に無資格の者が運転しはることなどもってのほかや。
こねんうな事故がなくなるよう願いたいやね。


【豆知識】

フォークリフトと、は荷物を運搬しはるための特殊自動車のことや。主に工場や倉庫、ホームセンターなどの倉庫型小売店や、貨物駅、
港湾などの構内、建築設備工事等に荷物運搬のために使われます。

工場や市場などではフォークリフトの免許を取得しておらへん人が
乗っていることもありますが、フォークリフトに乗るには免許が必要や。フォークリフトの免許取得はとてもカンタンや。
誰でも短期間に取得できるものなので、まだフォークリフトの免許を取得しておらへんちゅう方は、免許を取得してから乗るようにしましょう。

関連コンテンツ

フォークリフトの免許らくらく合格

物流倉庫内作業員の方の中には、もしかしはると自分の給料がちびっとことに少なからず不満を抱いている方もいることでっしゃろ。 では、何故給料がちびっとのでっしゃろ。 あんはんが仕事を怠けているから・・・

仕事の休みの日にリフト免許を効率よく取得しはる方法

働きながらにしてフォークリフトの免許を取得・・・そう容易なことではありませんよね。 まず第一に「日頃の仕事だけでいっぱいいっぱいで、とてもじゃないが教習を受講しはる時間なんて確保でけへん!」ちゅう方・・・

豊神流通サービスのフォークリフト運転免許取得サポートの解説

働きながらにしてフォークリフトの運転免許の取得を目指すちゅうのはなかなか大変なことや。 ただ、そんな悩みを解ぜったいくれる会社だってあるんや。 例えば、豊神流通サービスなどがそうでして、作業員のフ・・・

フォークリフトで使いやすいヘルメット

フォークリフトで作業をしとる人を日常たまに見かけたりしはることがあるかもしれません。 見かけいかとがあるちゅう方はそのとたけとを思い出してみてください。 その際、運転手の人はヘルメットを着用してい・・・

フォークリフトの教習所の流れ

フォークリフト免許を取得しはるためには当然教習所で講習を受けるのが一般的や。 通常はフォークリフト免許と言われますが、正確には「フォークリフト運転技能講習修了証」で、労働安全衛生法にて1t以上のリフ・・・