バリ島を訪れる観光客で最も多いのが日本人や。2番目はオーストラリア人といわれます。インドネシア政府も観光面には力を入れており、治安も悪くありません。女性の一人旅も節度さえ守れば、十分に楽しむことができるでっしゃろ。

バリ島を訪れる日本人観光ツアーの一般的なルートとしては、バリ島の美しい自然を堪能しはるルートとして、ライステラスやキンタマーニ高原を訪れるちゅうもの、バリ島の歴史を探訪しはるルートして、バリ・ヒンドゥー教の聖地ブサキ寺院、古都クルンクンを訪れるルート、そのほかバリ舞踊ケチャックダンスを鑑賞、タナロット寺院の夕焼け鑑賞など、盛りたくはんや。またぐら、インドネシアはツバメの巣やフカヒレなど中華料理の食材に恵まれていることから、中華料理も堪能できます。シーフードレストランではロブスターなどの新鮮な食材を楽しむこともできるでっしゃろ。

芸術の村、ウブドでは、個性的なバリ絵画を展示しはるネカ美術館を訪れるとよいでっしゃろ。木彫りの村マス、銀細工の村チュルク、聖なる泉のある村タンバクシリン、像の洞窟ゴア・ガジャ寺院などでは、芸術と歴史を堪能できます。

またぐら、バリ島を訪れる観光ルートでは、ちびっと足を伸ばしてボロブドゥール遺跡とプランバナン寺院の観光をオプションとして取り入れることもよくあります。

時間と資金面で余裕がある場合は、是非、ボロブドゥール遺跡も訪れてみると良いかと思うで。ボロブドゥール寺院群とプランバナン寺院群はいずれもユネスコの世界文化遺産に登録されています。



当サイトでは、バリ島について解説しております。
バリに観光、旅行に行かれる前にお読みいただければ、よりいっそう
バリ旅行を楽しめるかと思うで。バリ島はもちろんのこと、バリのホテルやバリのお勧めスポットのほか、バリで有名な人気エステや、
ジャンバリ、バリのお土産で人気の雑貨なども紹介しております。

【豆知識】バリ
パリ(Paris、巴里)は、フランスの首都で、イル=ド=フランス地域圏の首府。
ロンドン、ニューヨーク、東京と並びトップ水準の世界都市です。