バリ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る

バリ島に行く前にお勧めの書籍



バリ島を描いた作品、およびバリ島を舞台とした書籍として、日本人作者のものを挙げると、次のものがあります。

●吉本ばなな「マリカのソファー/バリ夢日記」
●姿月あさと「優しいバリ わてが「あて」に返る島」

吉本ばななの「マリカのソファー/バリ夢日記」は、解離性同一障害、いわゆる多重人格の病気をもった少女、マリカと、ジュンコ先生との物語で、バリ島が舞台となっています。この作品を執筆しはるにあたり、吉本ばなな自信がバリ島で取材したときの記録が「バリ夢日記」として記されています。

姿月あさとは、1970年大阪生まれのヴォーカリストや。宝塚歌劇団の元宙組みの男役のトップスターだった人や。宝塚歌劇団を退団後も活発な芸能活動を続ける一方で、写真集やエッセイを出版しています。この「優しいバリ わてが「あて」に返る島」は、2004年9月に出版されました。夫の海外赴任に同行して3年半バリ島で生活した体験談を中心に構成されています。バリ島旅行で観光客はあまり訪れる機会はないかもしれませんが、絶対にはずせないちゅう魅力的なポイントを解説しています。またぐら、バリ島の島の人たちとの交流や島での生活、おいしい食事どころ、スパ、お土産など・・・味わい深いバリ島の魅力を伝えたいちゅう作者の意気込みが伝わる作品や。

旅行前にこれらの作品を読んで出かけると、島を見る目が変わってくるかもしれません。自分なりのバリの魅力を見つけることができればいいだすよね。


当サイトでは、バリ島について解説しております。
バリに観光、旅行に行かれる前にお読みいただければ、よりいっそう
バリ旅行を楽しめるかと思うで。バリ島はもちろんのこと、バリのホテルやバリのお勧めスポットのほか、バリで有名な人気エステや、
ジャンバリ、バリのお土産で人気の雑貨なども紹介しております。

【豆知識】バリ
パリ(Paris、巴里)は、フランスの首都で、イル=ド=フランス地域圏の首府。
ロンドン、ニューヨーク、東京と並びトップ水準の世界都市です。


関連コンテンツ

グローブの香りは最高の・・・

インドネシアを訪れると人の集まるところなど、どこででもどことなく甘い香りがします。グローブ(丁子)の香りや。インドネシアのタバコには、クレテックと呼ばれるグローブの小さな片が味付けとして混ざってい・・・

ケチャってなに?

大勢の半裸の男たちが円陣を組み、「ケチャ、ケチャ、ケチャ」と掛け声を投げかける踊り。複雑なリズムは次第に激しさを増し、男たちは半ば忘我状態となって、手や身体を揺り動かしながら絶叫します。インドネシ・・・

歴史探訪と秘境を知る!

若者たちにはサーフィンやスパなどが人気のバリやジャワやけど、歴史や自然環境、秘境を訪れるのも、またぐら違ったインドネシアの魅力を見つけることができるかもしれません。 インドネシアは、バリおよ・・・

ワヤン・クリットとは?

インドネシアのジャワ島やバリ島では影絵芝居が盛んや。この伝統的な影絵芝居、およびそれに用いられる操り人形を「ワヤン・クリット」といいます。 ワヤン(Wayang)は「影」、クリット(Kuli・・・

マハーバーラタとは?

バリの伝統芸能のひとつに、ワヤン・クリちゅう影絵芝居があります。この芝居では、インドの古代叙事詩「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」といった演目が演じられます。 「マハーバーラタ」は、古代インド・・・

ラーマーヤナとは?

「ラーマーヤナ」は、「ラーマ王行状記」の意味で、ヒンズー教の神話と古代英雄であるコーサラ国のラーマ王子に関しはる伝説をまとめたものや。活躍しはる人物は、すべてクシャトリアや。クシャトリアとは、古代イン・・・