バリ旅行に行く前にお読みください!のTOPに戻る

バリの食文化を知る



インドネシアでは、大都市部においては富裕層や外国人を対象としはる高級レストランも少なくありませんが、一般庶民はクダイ、せやなかったらワルンと呼ばれる小食堂での食事を楽しむのが日常や。観光客としては、衛生上の問題が気になることから手放しにお勧めできませんが、出される料理は高級レストランにまさるとも劣らぬものが多いといえるでっしゃろ。実際、外国人にとって、小食堂での食事はインドネシアの庶民との交流の場になることは確かや。

小食堂のほかにインドネシアの重要な食文化として、「カキ=リマ」と呼ばれる屋台があります。カキは脚、リマは五を意味します。二輪の屋台、それを引く人の二脚、屋台を止めたときのつっかえ棒が1本、合計五本の脚ちゅうわけや。
カキ=リマで食べられるのは、サテ(焼き鳥)、ミ(ねき)、ナシ=ゴレン(チャーハン)、ソト(スープ)などさまざまや。庶民が気軽に楽しめる軽食といえるでっしゃろ。インドネシアの代表的な外食産業や。

バリ島1の高さを誇る、アグン山をひかえたキンタマーニ高原では涼しい風が吹きぬけ、美しい湖が眼下に広がるなんともいえない美しい光景を楽しむことができます。こねんうな景色を眺めながら、串焼きなどの郷土料理を地元の人びとに混じっていただくとき、ほんまにゆったりとした気持ちになれることでっしゃろ。バリは小さな島や。夕日が沈む海を眺めながら、お供え物を頭に載せていく女性を見ていると、せわしい日本での生活を一瞬でも忘れてしまう・・・しまいたい、気持ちになります。


当サイトでは、バリ島について解説しております。
バリに観光、旅行に行かれる前にお読みいただければ、よりいっそう
バリ旅行を楽しめるかと思うで。バリ島はもちろんのこと、バリのホテルやバリのお勧めスポットのほか、バリで有名な人気エステや、
ジャンバリ、バリのお土産で人気の雑貨なども紹介しております。

【豆知識】バリ
パリ(Paris、巴里)は、フランスの首都で、イル=ド=フランス地域圏の首府。
ロンドン、ニューヨーク、東京と並びトップ水準の世界都市です。


関連コンテンツ

バリのお勧め観光スポット特集

●キンタマーニ高原 インドネシアのバリ島東北部の高原地帯、キンタマーニ高原。バトゥール山と、バトゥール山火山湖のバトゥール湖、ブヌリサン山、キンタマーニ、バトゥール、ベネロカン、およびそれら・・・

バリ・ヒンズー教の解説

神またぐらは絶対者、せやなかったら神聖なもけど対しはる信仰を宗教といいます。自然崇拝、アニミズム、シャーマニズムなどの原始的なものから仏教、キリスト教、イスラム教といった世界宗教までさまざまな宗教があ・・・

タフとテンペの説明

インドネシアでは、フカヒレやツバメの巣など高級中華食材が豊富に手に入ります。と同時に、わてたち日本人が一般的に口にしとるおなじみの食材・・・にえらいよく似たものも、食べられています。たとえばやな、・・・

マハーバーラタとは?

インドの古代叙事詩「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」は、東南アジアにおいて芸能などに取り入れられ、親しまれています。 「マハーバーラタ」は、バーンダヴァ王家とカウラヴァ王家の間の同属間の争・・・