スキー場に行く前にお読みください!のTOPに戻る
「スキー場に行く前にお読みください!」トップ > 全国スキー場【徹底解説その2】

全国スキー場【徹底解説その2】

3つあるサンアルピナスキー場の中で、一番北ねきに位置しはるスキー場が白馬さのさかスキー場や。 白馬さのさかスキー場はモーグル用のコースが充実しとることでえらい有名なスキー場や。 シーズン中はモーグ・・・
たんばらスキーパークは東京から2時間で行けるところにあるスキー場や。 東京に近いにもかかわらず、雪質は良く、12月上旬から5月のゴールデンウィークまでスキーを楽しむことができます。 ゲレンデトップ・・・
関越道の沼田インターチェンジを利用しはるスキー場は数ようけありますが、丸沼高原スキー場はこれらのスキー場の中で最も東に位置しはるスキー場や。 日光白根山の山麓にゲレンデが広がっています。 数年前に・・・
パルコール嬬恋リゾートスキー場は、バラギ高原スキー場とパルコール嬬恋リゾートスキー場が合併して誕生したスキー場や。 といっても以前から共通リフト券が存在しており、どちらのゲレンデにも滑り込むこと・・・
上信越高原国立公園の白根山ちゅう山があります。 白根山の山麓に広がっているゲレンデが草津国際スキー場や。 草津と聞いて第一に思い浮かべるのは「温泉」ではないでっしゃろか。 そうだす、草津国際・・・
関越道の沼田インターを利用しはるスキー場のなかで、最大の規模があり、一番の人気を誇るスキー場といえばホワイトワールド尾瀬岩鞍スキー場や。 このスキー場が位置しはる群馬県は内陸性の気候のため、降り・・・
石打丸山スキー場は大変広いスキー場で、面積は約200ヘクタールともいわれています。 リフトがスキー場内のあちらこちらに架かっており、どのリフトに乗ればよいのか迷ってしまうほどや。 リフトが多いのは・・・
日本の代表的な避暑地といえば軽井沢でっしゃろ。 夏は避暑地として大勢のひとが訪れ、大変な賑わいをみせる軽井沢やけど、冬も楽しむことができます。 軽井沢プリンスホテルスキー場や。 軽井沢の気温・・・
モンデウス飛騨位山スノーパークスキー場は飛騨位山の東ねきの斜面にあるスキー場や。 以前は「位山国際スキー場」ちゅう名前でした。 モンデウス飛騨位山スノーパークスキー場の特徴として、晴天率が・・・
ビーナスライン周辺のスキー場で最大規模のスキー場といえば車山高原スキー場や。 1925mの車山に広がるスキー場で、ゲレンデトップからは白樺湖や蓼科山の眺めがすばらしいものとなっています。 車山高原・・・
乗鞍岳では夏になってもサマースキーを楽しめることで有名や。 乗鞍高原温泉スキー場は、その乗鞍岳の中腹に位置しはるスキー場や。 標高1500mから2000mにかけて、スキー場が広がっています。 ・・・
万座温泉スキー場は雪質が良いことで有名や。 このスキー場はゲレンデベースでも1600m以上あるため、良質な雪に恵まれているのや。 毎年、12月上旬から5月のゴールデンウィークまでスキーを楽しむこと・・・
斑尾高原スキー場の隣に、斑尾山の尾根をははんで位置しはるスキー場はタングラムスキーサーカススキー場や。 ゲレンデトップは斑尾山の山頂直下にあり、そこからは野おいど湖や妙高山などを眺めることができます・・・
スノーボードが流行りはじめいかろ、スキー場では大きく分けて2つの種類に分かれていました。 スノーボードの滑走を許可しとるスキー場と、許可しておらへんスキー場や。 スノーボードは危険、ちゅうイメージ・・・
ビーナスライン沿いには、数ようけのスキー場があります。 これらのスキー場のなかで車山高原スキー場と人気を二分しとるスキー場はエコーバレースキー場や。 名古屋地方や首都圏から高速自動車道を利用し・・・
おんたけロープウェイスキー場は御岳山の東ねき斜面に位置しています。 ゲレンデトップの標高は2000mを超え、ゲレンデベースでも1500mありますので、雪質はとても良いものとなっています。 ゲレンデ・・・
菅平スキー場は3つのエリアから構成されています。 ダボスエリアと太郎アリア、ほんでもってパインビークエリアの3つのエリアや。 ほんでもってそれぞれのエリアでは、さらに12のゲレンデに分かれています・・・
ビーナスライン沿いにあるスキー場の中で、最も北に位置しはるのかブランシュたかやまスキー場や。 内陸性気候の恩恵にあずかり、雪はさらさらのパウダースノーや。 またぐら、晴天率も高く、スキーシーズン中・・・
妙高山の山麓にはいくつもの大きなスキー場がありますが、なかでも一番大きな規模のスキー場といえば赤倉温泉スキー場や。 積雪量もようけ、雪質にも恵まれていることから毎年ようけの人が訪れています。 ・・・
上越国際スキー場は大変広く、初めて訪れた人はゲレンデマップなしでは迷子になってしまうでっしゃろ。 上越国際スキー場は上越エリアにあるスキー場の中で最大規模を誇っています。 リフトの本数は30本・・・
妙高杉ノ原スキー場のゲレンデトップからゲレンデベースまでの標高差は1124mあります。 妙高杉ノ原スキー場は標高差だけを考えれば、日本一のスキー場となります。 日本一の標高差を活用して、850・・・

カテゴリー「全国スキー場【徹底解説その2】」のトップへ↑