海釣りのマナー(挨拶)

海釣りのマナーといえば、基本中の基本、挨拶。

海釣りでは、先にいる方に後から着た人は

挨拶したり、軽く会釈することで、お互いに

気持ちよくつりをすることが基本のマナーです。

後からきて、大きな声をだしたり、

近くで邪魔になるように釣りをすることは

トラブルの元になるのでやめましょう。

海釣りのマナー(ゴミ)

海釣りのマナーで一番問題なのがゴミのポイ捨てです。

餌の袋や釣り針、糸など、放置したままかえる人もいますが

海は自分だけのものではありません。

みんなの海なのでしっかりとゴミは持ち帰りましょう。

釣り針、糸などの放置は、釣り禁止になってしまうことも

あるし、動物が食べたりしてとてもかわいそうです。

釣り場で放置されているゴミを見るととても

哀しい気持ちになります。

ゴミを持ち帰る。

当たり前のことですが、できていない大人が

たくさんいるのが哀しいですね。

海釣りのマナー(トラブル)

トラブルの原因に釣り人同士のケンガがありますが、

みんな釣りを楽しむために海にきているので、

ケンカをしそうになっても、一歩譲る精神を心がけたい

ものです。

自分中心ではなく、相手のために・・・

この気持ちを持つことで、釣りはより楽しくなりますし、

トラブルもグンと減ります。